オリジナルTシャツの作り方

実際発注する時は

FAXで送っていただいたり、オーダーシートのダウンロードが必要となりますので、必ず先生方の協力は必要となりますが基本的に生徒さまだけでも簡単に発注できるような手軽さでご注文をしていただけます。
また必ずクラスである出席番号、それも背番号として流用して頂け、そして名前も個別に入れられるようになっているのでその資料をメールで添付などしていただければすぐにご対応できます。
学校側にしていただくのはオーダーシートの記入、デザインの添付、そしてこちらから確認用のデザインをお送りいたしますので、それを皆さんで確認して頂くことだけです!そしてだいたい1クラス分である30枚の発注ごとに1枚余分に同デザインのクラスTシャツをプレゼントしていますので、教室に飾るなどもできます。
またカタログもご用意しておりますので、早割などを適用する為にもはやめにご請求いただき、クラス全員でカタログを確認しながら内容を確認し、決めていただくことをおすすめいたします。
また貸し出し期間は一週間のみですので、返送していただく必要はありますが同時にアイテムのサンプルもお送りできますので、あわせて発注前に確認して頂くと、よりデザインなど決めていただけやすいでしょう。
インターネット上でもどういったものがあるかは確認できますが、クラスで決めるときにわざわざ先生の私物のスマートフォンを出したり、パソコンを使いにいくのはなかなか難しいものです。
そのためにも事前にカタログの請求だけ行っていただき、そこからデザインやどういった加工をするか。また無地はどれにするかなどを決めていくとスムーズに決められるでしょう。また一度カタログをご請求いただきますと、もし他のクラスでもTシャツが必要になった時や違うイベントでまたTシャツなどを注文したい場合などの際に、すぐにカタログを確認できますので便利です。
またカタログ内にオーダーシートも封入しておりますので、カタログを確認しながらそのままオーダーシートの記入も可能となっています。
デザインの用紙、アイテム数の記入をする用紙、ネーム・ナンバー加工専用用紙など、インターネット上からもすぐにダウンロードできますので、書き損じなどがあっても安心です。