オリジナルTシャツの作り方

自作Tシャツのメリットデメリット

  • メリット
完全に業者の手を借りずに、おのおので作るクラスTシャツはそれぞれの個性を大いに出して、自分で作る楽しさを知ることができます。
特に自分が自由に表現したイラストを、Tシャツにして着用できるというのは達成感もあり、小学校でも授業内でオリジナルTシャツを自作するなどの時間を設けているところもあります。
着用するものは、購入が当たり前となっている子供たちにとって、自分たちが着用するものに自分たちの手がかかっている、というのはどこか嬉しい気持ちになり、自作Tシャツができた場合の達成感というのは成長において大切なものといえるでしょう。
自分たちで手書きするのもよし、アイロンプリントをするのもよし、授業で使用するものとしてもオリジナルTシャツは活躍します。
クラスの出し物が控えている場合には、それに合わせたオリジナルTシャツを授業内で作るなど、まだあまり進学などを考えず、そこでしか出来ないような経験を積むのが大事とされている小学校時代では大きな経験となります。
  • デメリット
ただし自作する場合、ネックとしてはやはり失敗する可能性があるという点。
この失敗も経験ですが、そのTシャツが校内イベントに着用するものであれば、失敗してしまった生徒にとってはあまりいい思い出として残らないかもしれません。
また、作り直すというのもなかなか言い出せない生徒も多いので、そこをなかなか先生方も汲み取れず、気落ちしてしまったまま着用の日を迎えてしまう場合もあります。
自作Tシャツは、作るという経験からさまざまな成長が期待できるもので、生徒によってはそれがきっかけで服飾系を志すきっかけにもなったりします。
勉強だけでは学べない実技や、経験を味わえますので、その点では非常に自作Tシャツはいいものです。
ですが生徒の能力によってクオリティが左右されてしまうので、場合によっては問題に発展してしまう恐れがある、というデメリットはあまり無視できません。
昔ですとまず発注にはかなりの値段がかかってしまいましたし、また発注にも手間がかかりましたのでクラスTシャツは自作が基本でしたが、いまの時代すぐに注文できる上に安く作ることができますので、ハードルはとても低くなっています。
完全自作Tシャツのメリットは製作過程の全てに携わることが出来るので、できた時の達成感が強いこと。
デメリットは完全に作る生徒の技術に左右されたり、また素材との相性が悪い場合プリント部分がすぐに劣化してしまう、場合によってはプリント部分が着用時の伸縮に耐えれずにすぐに割れてしまう、それらを防ごうと思うと材料費がそれなりにかかってしまうなどがあります。
完全自作Tシャツのメリットは、オリジナルクラスTシャツ『noble』でもデザインをみんなで考えるという点では十分に味わえるものでもあります。
みんなで頭をひねって考えたデザインをそのまま高品質なTシャツにすることができますので、クラスTシャツにもってこいとなっているのです。
またクオリティは高く、一枚あたりの価格も自作用の材料を購入するよりも安くなっています。
クラスTシャツを手書きにしたい、そういった目標がある場合はそちらを優先し、クラスTシャツの製作に当たるほうが思い出として残ります。ですが発注をする場合でも、みんなで製作したTシャツとして十分に成り立ちますので、クラスTシャツの製作をお考えの場合、是非『noble』にご相談ください。